健  骨  堂

  HOME    メニュー    院長プロフィール    オステオパシーとは?    オステオパシーのテクニック
    活法整体とは?    症例紹介    ご案内    リンク    在宅・訪問マッサージ


オ ス テ オ パ シ ー の テ ク ニ ッ ク


    オステオパシーは A.T.スティル に発表されて以来、数々のテクニック
が編み出されています

代表的なテクニックとして次のようなものがあります


直   接   法

    
この方法は一般的な骨格矯正の方法となっています
    簡単に説明すると、骨が右に行っていれば左方向へ動かして
    正しい位置に戻し、関節の動きを正常化させるテクニックです

    時として「ポキッ」っと音が鳴る場合がありますが、音がしなく
ても関節は矯正されています
       
    オスオパシーの直接法は「高速低振幅」で行われ、他の矯正
    法の直接法に比べて周囲組織に与えるショックは少ないもの
となっています

間   接   法

    この方法は直接法の反対のやり方になります。
     右に行っている骨を更にわずかに右に行かせ、数秒〜数分待
   つとその骨の周囲組織が緩み、元の正しい位置に戻ります
   直接法に比べて矯正時のショックもなく穏やかな方法です

ス テ ィ ル ・ テ ク ニ ッ ク

      オステオパシーの創始者 A.T.スティル が使っていたテクニック
      で、最初は間接法の方向に持って行き、組織の寛解が出たら
   直接法の方向に動かします
       このテクニックは長らく失伝していましたが、近年になりアメリカ
      のヴァン・バスカークD.Oにより現代に甦りました

サザーランド・テクニック

       頭蓋オステオパシーを発表したサザーランドD.Oが使っていた
  テクニックで、脊柱・四肢へのテクニックが含まれます
      呼吸を用いたテクニックもあり、非常に合理的な感じを受ける
テクニックです

ストレイン&カウンターストレイン

      
アメリカのローレンス.H.ジョーンズD.Oによって発見された治療法
       で、筋・骨格系の問題を圧痛点を探してその圧痛が楽になる姿位
        を90秒間保持する事で筋肉の固有受容器の異常を解放(リリース)
する
テクニックです